オモチャプレイのオプションを楽しませてくれた佐世保のデリヘル嬢

僕は風俗を利用するときには交際している彼女にはできないオモチャを使ったプレイをするようにしています。

ノーマルな本番セックスは本命の彼女とすることにしておいて、もっぱら風俗は遊びに徹しています。

本当ならば彼女電マ恥辱プレイやバイブ膣責めをしたいのですが、さすがにそこまで口にする勇気もありません。

今回は【オモチャプレイのオプションを楽しませてくれたデリヘル嬢(佐世保風続編)】をご紹介しましょう。

予約をするときに、オプションでバイブと電マ(電気マッサージ器)をお願いしておきました。

デリヘル嬢がやってきて暫くは濃厚でエロティックな接吻をしながらパイ揉み&パイ舐めをしたりクリトリスをわさわさしたりしていました。

ムードが高まってバスタイム。

ベッドプレイになるとクンニリングスをしてあげました。

色・艶・カタチ・濡れ・感度、どれをとっても最高水準の美マンコでしたね。

あそこも少しの愛撫でびちゃびちゃに濡らしちゃいます!感度良好です。

そして、オモチャプレイ。

デリヘル嬢はかばんから2種類のオモチャを取りだしました。

ひとつめはペニスの形をしていてクリトリスを責めることができるバイブです。

もうひとつは棒の先に小さな卵型がついているので僕は初めてみました。

聞いたらデリヘル嬢の個人的な持ち物のようでした。

バイブ膣責めをしながら生唾が糸を引くベロキスをしたりしていると、それ自体が初々しいピンクのオマンコの周りを動いてセクシーでした。

たまたま手を離してしまったのです。

これはメチャクチャ興奮しました。